Column
窓ガラス清掃を業者に依頼する際のポイントとは

窓ガラス清掃を業者に依頼する際のポイントとは

手が届かない窓はどうメンテナンスする?

手が届かない窓はどうメンテナンスする?

窓ガラスが汚れていると、建物全体が不衛生で悪い印象を与えてしまいます。
外からだけでなく、室内から見る汚れはとても目立ち、従業員や利用者に不潔、管理不足などといったイメージも与える恐れがあるため、定期的にお掃除することが大切です。
しかし、手が届きにくかったり時間がかかるなど、従業員では対応できないことも多いのではないでしょうか。
特に、ビルなどの窓ガラスのクリーニングは、高所での作業となるため、通常は清掃業者に依頼します。
ビルの窓ガラスはシャンプーとスクイジーという2つの道具を使って作業をします。
クリーニング方法は様々ありますが、まずはシャンプーで汚れを擦り、スクイジーで拭き取って仕上げていくのが一般的な流れです。
また、ビルは地上から作業することが難しいため、ブランコやゴンドラなどを使うことが多いです。
クリーニングの頻度は2ヶ月に1回が適切だとされているため、清掃業者に依頼する際のポイントを知った上で、定期的にお願いをしてみてはいかがでしょうか。

信頼できる業者を選ぶために知っておきたいポイント

信頼できる業者を選ぶために知っておきたいポイント

清掃業者に依頼する際のポイントは、実績を見ることです。
HPなどに窓ガラス清掃の実績や実例を掲載しているところを選ぶと、どのような仕上がりになるのかを知ることができます。
費用と質のバランスを見て判断してみてください。
安全管理が徹底されていることも欠かせないポイントです。
もちろん、高所での作業は危険を伴うものですが、建物に出入りする人の安全は第一に確保しなければなりません。
機材や道具の管理が安全に行われるのか、歩行者の安全を考えて準備が行われるのかなど、必ず確認してください。
見積もりの内容も要チェックです。
どのようなクリーニング方法にいくらかかるのか、追加料金の有無、作業頻度などが細かく書かれていると安心ですが、逆に金額しか書かれていない場合は、作業内容を把握することができず、後から追加料金を求められるケースがあります。
多くの人は費用の安さで業者を選んでしまいますが、このように判断の基準となるポイントが様々あります。
トラブルが起きてからでは遅いため、ポイントを意識しながら比較検討しましょう。