Column
清掃業者に依頼した際によくあるトラブルとは

清掃業者に依頼した際によくあるトラブルとは

教育体制が整っているところを選ぼう

教育体制が整っているところを選ぼう

清掃業者にお掃除を依頼すると社内の従業員は本来の業務に集中して取り組むことができ、生産性が向上するなどのメリットがありますが、いい点だけでなく注意すべき点も理解しておく必要があります。
清掃業者に依頼した際によくあるトラブルと対策方法を知っておきましょう。
一つは、清掃業者のコミュニケーションやマナーに問題があり、社内の従業員が不快に感じたり本来業務に支障をきたすことがあるということです。
これはスタッフの教育がしっかりと行われていない清掃業者によくあるトラブルです。
挨拶をしても無愛想な態度を取られたり、邪魔になるような行動をされると従業員満足度も低下します。
そのようなことがないように、教育体制が整っている清掃業者に依頼することが大切です。
また、実際にお掃除をするスタッフの人柄なども事前に切っておくとコミュニケーションの取り方を考えることができたり、コミュニケーション能力が高いスタッフに変えてもらうなどの対策ができます。

対応力の低さや費用面でのトラブル

対応力の低さや費用面でのトラブル

対応力が弱く、望んでいるサービスが受けられなかったなどのトラブルもよく起こります。
重量のある荷物を動かさなければならなかったり高所での作業などお掃除は体力が必要になるため、担当スタッフによっては対応しきれないこともあります。
そのような状況を見ると依頼した側も遠慮してしまうこともあるでしょう。
しかし、お金を支払って委託しているため、遠慮する必要はありません。
スタッフの対応力が低いと感じた時は、人数を増やしてもらったりスタッフの変更をお願いするなどの対策が必要です。
他にも費用面でトラブルが起きることがあります。
できるだけ安い業者に委託したいものですが、格安などといった言葉だけで依頼してしまうと、サービスには見合わない費用を請求されることも少なくありません。
例えば、だらだらとお掃除をしており作業時間が長引いて料金が高くなるなどです。
時間単価が安くても作業時間が長くなると高額になるため、契約の段階で最終的な見積もり額とサービス内容を確認することが重要です。
このようなトラブルが起きることがあるため、満足度の高い清掃サービスを受けるために依頼側も対策を徹底しましょう。