Column
食品工場の清掃を清掃業者に委託するメリットとは

食品工場の清掃を清掃業者に委託するメリットとは

欠かせない衛生管理

欠かせない衛生管理

食品工場のお掃除を清掃業者に委託すると主に4つのメリットがあります。
1つは、食品事故のリスクが抑えられることです。
食品工場は食べ物を扱う場所であるため、衛生管理が欠かせません。
万が一、お掃除が行き届いていないことが原因で異物混入や食中毒などのトラブルが起きると、会社としても大きなダメージを受け、お客様や取引先からの信頼を一気に失ってしまいます。
お掃除は従業員で行うことも可能ですが、高い水準での衛生管理を行わなければなりません。
お掃除が手抜きになったり後回しにしてしまう、見落としなどがあると食品事故につながる恐れがあるため、お掃除のプロである清掃業者に依頼することをお勧めします。
2つ目のメリットは生産性の向上です。
現在、従業員でお掃除をしているところもあるでしょう。
食品事故も起きていない状態でも清掃業者に委託することで本来行うべき業務に時間を割くことができ、必然的に生産性が向上します。

環境改善やコストの一定化

環境改善やコストの一定化

3つ目は環境改善です。
清掃業者に委託すると、衛生面や生産性の向上だけでなく、本来業務とは関係のないお掃除に対して不満を抱いていた従業員の精神面の改善も期待できます。
清掃は食べ物を扱う場所では欠かせない一つの業務ですが、お掃除をしたくて食品工場に入社しているわけではないため、従業員が不満を抱き、モチベーションの低下に繋がっていることも少なくありません。
本当にやりたいことを集中して行える環境を整えるとモチベーションが上がり、職場の雰囲気も改善されるでしょう。
従業員満足度を上げることができれば、早期離職なども防ぐことができます。
4つ目はコストの一定化です。
清掃業者に委託するとお金はかかりますが、自社で行う場合もお掃除道具や消耗品などのコストがかかります。
安く感じるかもしれませんが、お掃除の頻度、仕方によって消耗の仕方も異なり、コストの見通しが立てにくいと感じることもあるでしょう。
さらに、食品工場の場合は専門的な機器も必要になり、メンテナンスや従業員を教育するコストも発生します。
清掃業者に依頼すると委託費用だけになるため、見通しも立てやすくなるのです。
このようなメリットがあるため、社内で行っている場合は委託することも検討してみてはいかがでしょうか。