Column
福祉施設の清掃業者を選ぶときのポイントとは

福祉施設の清掃業者を選ぶときのポイントとは

綺麗な空間が与えるメリット

綺麗な空間が与えるメリット

老人ホームや介護施設などの福祉施設は清潔さが求められます。
利用者だけでなく、そのご家族も安心できるように、日頃から清潔でなければなりません。
また、福祉施設で働くスタッフも、綺麗な空間の方が働きやすく、業務効率の向上につながります。
このように、清潔さが維持されている空間はメリットしかありませんが、日常的に行うお掃除だけでは綺麗にならないこともあるのではないでしょうか。
お掃除がメインのお仕事ではないため、スタッフにも負担がかかります。
その場合は、清掃業者に委託することも検討してみてください。
お掃除のプロである清掃業者は、素人では気がつけないところ、手が届きにくいところも綺麗にすることができます。
外部委託をすると費用がかかりますが、お金以上のメリットが得られるため清掃業者に委託することをお勧めします。

抑えておきたいポイント

抑えておきたいポイント

外部委託するときは、清掃業者選びが重要なポイントになります。
なぜなら、福祉施設は体が不自由な人、衛生面に特に気をつけなければならない人が利用する場所であるため、単純なお掃除ではなく、感染症や衛生に関する専門的な知識が必要だからです。
専門性の高い作業もあるため、依頼する清掃業者はどこでもいいというわけではありません。
選び方のポイントは福祉施設に精通している、もしくは福祉を専門にしていることです。
通常のビルや建物と異なる部分が多いため、福祉施設の実績や最低限のノウハウを持っているか、確認する必要があります。
また、利用者やスタッフへ十分な配慮ができるのかも抑えておきたいポイントです。
質の高い作業を行うことができても、利用者やスタッフを不快にさせる態度、行動をするようでは安心して任せることができません。
預けているご家族にも不信感を与える原因になります。
実際に依頼しなければわからないこともありますが、教育体制もチェックしてみてください。
このように、選び方にはポイントがあります。
失敗すると予期しないトラブルが起きる恐れがあるため、利用者やスタッフの安全を確保するためにも慎重に検討することが大切です。