Column
飲食店で清掃業者を選ぶポイントとは

飲食店で清掃業者を選ぶポイントとは

プロにお願いするのも一つの方法

プロにお願いするのも一つの方法

多くの飲食店では開店前、閉店後に従業員がお掃除をするでしょう。
お掃除を怠ると清潔感を失って、お客様に好印象を与えることができません。
それだけでなく、汚れたままの厨房は食中毒のリスクを高める恐れがあります。
お客様からは見えない厨房の中も徹底的に綺麗にしましょう。
しかし、なかなか綺麗にならないところもあるのではないでしょうか。
その場合は清掃業者に依頼することをお勧めします。
様々な清掃業者がいるため、依頼先の選定に迷うことがありますが、ポイントは飲食店の清掃実績があることです。
飲食店の実績があれば、汚れやすいところやスタッフでは気が付きにくい汚れも見つけて、しっかりと綺麗にすることができます。
また、損害賠償責任保険に加入していることもポイントです。
店内には高価なものがたくさんあるでしょう。
清掃途中に誤って食器類を落としてしまったり、設備を壊してしまうことがあるかもしれません。
その時に保険に加入していれば、補償で賄ってくれるため安心です。

特に汚れやすいところ、掃除しにくいところを依頼しよう

特に汚れやすいところ、掃除しにくいところを依頼しよう

清掃業者に依頼したほうが綺麗になることがわかっていてもコストの問題で依頼しにくいというケースがあるのではないでしょうか。
その場合は、スタッフだけでは掃除がしにくいところに絞ってお願いするのがポイントです。
例えば、グリストラップやレンジフードです。
飲食店のグリストラップやレンジフードはとても汚れが溜まりやすく、簡単にお掃除ができないところはプロに任せましょう。
市販の薬剤では取り除けない油汚れも、業者が使用する強力な薬剤を使えば綺麗になります。
ネットでも業者用の洗剤を手に入れることができますが、扱い方が難しいためプロに依頼してください。
フロアやテーブル周り、トイレはスタッフでもお掃除することができますが、これらの箇所も定期的に清掃業者に依頼することで清潔感を維持しやすくなります。
また、入り口もプロにお願いすることをお勧めします。
なぜなら、入り口は飲食店の顔になる部分だからです。
不特定多数の人が触るドアは汚れを取り除くだけでなく、除菌も欠かせません。
ドアマットも泥や埃で汚れやすく、素人では対応しにくい部分です。
忙しくてお掃除まで手が回らない飲食店も、プロの力を借りてみてはいかがでしょうか。