Column
病院の清掃業者を選ぶポイントとは

病院の清掃業者を選ぶポイントとは

依頼先を決めるときのポイント

依頼先を決めるときのポイント

病院のクリーニングを清掃業者にお願いするケースが少なくありませんが、どのような業者に依頼するべきか迷うことがあるはずです。
依頼先の選定に失敗すると、病院内のクリーニングが行き届かず、患者さんの満足度を下げる原因になります。
実際にクリーニングをしているのは清掃業者ですが、患者さんはそのような事情を知らないため、病院の評価を下げることになるのです。
患者さんだけでなく、看護師や医師、他のスタッフも気持ちよく業務ができないかもしれません。
そのようなことがないように選ぶポイントを知っておきましょう。
ポイントの一つは、クリニックや病院などの医療機関のクリーニング実績があるところや、業界に特化している清掃業者を選ぶことです。
医療機関は一般的なオフィス、ビルとは異なり、ただ綺麗な空間を作れば良いわけではありません。
衛生管理も徹底しなければならないのです。
知識がなければ、ただのお掃除で終わってしまい、感染対策もできません。
特に、乳幼児やお年寄りなど感染症リスクが高い患者が多い医療機関は、要注意です。
院内の清潔さはもちろん、衛生知識のある清掃業者にお願いしてください。

使用する道具や作業工夫を要チェック

使用する道具や作業工夫を要チェック

どのような道具を使っているのかも選ぶ際のポイントです。
院内では嘔吐など汚物の処理を行うケースが多く、その際に感染が起きないようにスピーディーに対処しなければなりません。
市販のものでは対処しきれないため、抗菌ワックスや除菌力が強力な特殊洗剤を持っているかどうか確認しておくことが大切です。
また、作業方法においても場所ごとに道具を使い分けているなど、細かい工夫も施されているか確認してください。
道具も完備しており、作業が丁寧で工夫されているところは、感染リスクに対して高い意識を持って取り組んでいると判断することができます。
このように、選ぶ際のポイントがあります。
衛生知識のないところにお願いしたことで、感染防止やウイルスの除去が甘くなり、菌が万延し大きな事故につながる恐れがあります。
病院の責任になるため、経験や知識のある業者に依頼してください。