Column
清掃業者とゴミ回収業者の違いとは

清掃業者とゴミ回収業者の違いとは

似ているけど対応できる範囲が違う

似ているけど対応できる範囲が違う

オフィスや事務所のお掃除は、業者に依頼することが多いでしょう。
店舗でもゴミの量が多いため、ゴミ回収だけでも従業員の負担になります。
従業員が業務の時間を使ってお掃除するのは、作業効率も悪く、負担も増えるため、専門業者にお願いすることが多いです。
依頼する際に、清掃業者かゴミ回収業者か迷うこともあるのではないでしょうか。
似ているようですが、業務内容が違います。
それぞれの特徴を知った上で使い分けることが大切です。
大きな違いは、ゴミ出し業務の内容です。
清掃業者はデスク周辺などに設置されているゴミ箱に溜まったものを収集し、集積所へ運ぶのが主な業務になります。
オフィスや店舗、事務所は利用者が多いため、小さなゴミでもすぐに溜まるはずです。
そのようなゴミを清掃業者が日常清掃で収集し、処分します。

ゴミ回収業者の業務内容とは

ゴミ回収業者の業務内容とは

ゴミ回収業者は、一般廃棄物や産業廃棄物も回収して処分することが可能です。
一般廃棄物は発泡スチロールや紙ゴミ、野菜のクズ、残飯などです。
飲食店ではこのようなゴミが出ることが多いでしょう。
それだけでなく、ソファやデスク、本棚、椅子などの家具も含まれます。
事務所で使っている家具は簡単に捨てることができず、一般廃棄物収集運搬業の許可を持っている業者しか引き取ることができません。
産業廃棄物は金属やプラスチック製のものです。
捨てにくいロッカーやパーテーションも引き取ってくれます。
産業廃棄物を扱う際にも、産業廃棄物収集運搬業の許可が必要になるなど、一般廃棄物や産業廃棄物は市町村長や都道府県知事、政令市長の許可を得なければ処分できない決まりがあるため、清掃業者では対応できません。
また、清掃業者は収集所にまとめて持っていくだけで、回収はしないということを理解しておく必要があります。
不要になったオフィス家具などを捨てる際は、依頼先を間違えないように注意しましょう。
このように、ゴミを回収するという業務でも、内容に大きな違いがあります。
オフィスのお掃除は清掃業者に、オフィス家具や機具などの捨てにくいものはゴミ回収業者に依頼してください。