Column
清掃業者に必要な資格とは

清掃業者に必要な資格とは

外部に依頼するのも一つの方法

外部に依頼するのも一つの方法

大規模なオフィスやビルは、お掃除やメンテナンスが大変です。
日頃から行っていないと、汚れがひどくなってからでは簡単に綺麗にすることはできません。
しかし、そこで働く社員が日常でお掃除することも困難です。
自分のデスク周辺は整理整頓したり、出来るだけ汚さないようにしたり気をつけることはできても、エアコンの上やトイレ、窓ガラスなどのメンテナンスまで行っていると、本来しなければならない業務に支障をきたす恐れがあります。
予算に余裕がある会社は、外部に依頼するのも一つの方法です。
清掃業者はプロであるため、単純作業のようにお掃除するのではなく、様々なことまで付随して行います。
そのため、素人では綺麗にできない細かい場所までメンテナンスすることができるのです。
これから外部に依頼しようと考えている会社もあるのではないでしょうか。
全国各地に清掃業者が存在するため、迷うものですが選ぶ際のポイントに資格があります。
必ず取得していなければならない免許などは特にありませんが、目的によってはオフィスやビルの管理には必要になるものがあるため知っておくことが大切です。

目的を明確にした上で依頼先を決めよう

目的を明確にした上で依頼先を決めよう

必要な資格の一つは、電気関係です。
取得していれば、床や窓ガラスの管理だけでなく、電気関係の管理もお願いすることができます。
電気関係も様々な種類がありますが、第二種電気工事士や第3種電気主任技術者等があり、それぞれ業務範囲が異なるため、どのような管理をお願いしたいのか明確にした上で、その業務を行える資格を持った業者を選ぶようにしましょう。
消防用設備などの点検も重要です。
普段は使うことのない消防用設備ですが、万が一、火災などのトラブルが発生した時に重要な役割を果たします。
点検が不十分で火災に対応することができなければ大事故につながるため、消防用設備の点検ができる資格を持っている清掃業者にお願いをしておくと、安心です。
他にも様々な種類があり、どれが必要なのか判断ができない場合がありますが、お掃除以外にお願いしたいことは何かを考えると必要な資格がわかります。
オフィスやビルを守ってもらうために、一度考えてみてはいかがでしょうか。