Column
清掃業者が使うプロの道具とは

清掃業者が使うプロの道具とは

家庭用と業務用の違い

家庭用と業務用の違い

オフィスのお掃除は、従業員でも行うことができると思っている企業も多いのではないでしょうか。
清掃業者にお願いせずに、社員だけで行うことができればお金がかかりません。
しかし、素人では綺麗にできない部分や、一般的な道具では取り除けない汚れがあります。
清掃業者が使うプロの道具には様々なものがありますが、市販のものよりも強力なものが多いです。
例えば、掃除機です。
従業員でお掃除をする際は家庭用の掃除機を使うでしょう。
家庭用は吸引力よりも稼働時の音を小さくすることを意識して作られているため、あまり吸引力が強くありません。
プロが使う掃除機は業務用であるため音は大きいですが、多くの細かいゴミも吸い取れるようにできています。
オフィスやビルは広いフロアであるため、効率的に作業をしていくためにも業務用を用いるのです。
少し離れたところでもゴミを吸い取り、カーペットも一回触れるとある程度のゴミが綺麗に取り除かれます。

素人では難しいこと

素人では難しいこと

窓ガラスも従業員ではお掃除できない場所です。
一戸建てのような事務所であれば、自分たちでも行うことができますが、ビルになるとできません。
無理に、室内から手を伸ばして拭こうとすると落下の危険性があります。
また、おしゃれなオフィスは窓側全てがガラス張りになっており、それを素人で綺麗にするのはとても大変です。
清掃業者であれば、スクイジーやウォッシャー、ワイパーなどのプロの道具を使って作業をするため、大きな窓がたくさんあっても効率よく進めていくことができます。
まずは、ウォッシャーで全体に洗剤をつけてスクイジーで広げ、最後にワイパーで取り除く流れです。
ベテランが担当すると無駄のない動きで作業していくため、素早く何枚ものガラスを綺麗にしていくことができます。
他にもカーペットのシミ抜きなどは素人ではできません。
衣類のシミ抜き程度であればできますが、飲食店や入り口付近に敷かれている大きなカーペットは高圧洗浄と水滴を吸い取ることができる専門機械を使う必要があります。
このように、プロにしかできない作業、プロしか扱えない道具があるため、社内だけで完結しようとせずに依頼をしてみてはいかがでしょうか。