Column
清掃業者の作業効率を上げるには

清掃業者の作業効率を上げるには

素人が行うよりも短時間で綺麗になる

清掃業者はお掃除のプロです。
そのため、床についた汚れや、普段お手入れをしない場所に溜まっているホコリも綺麗に取り除いてくれます。
一般的な内容であれば1時間ほどで終了することが多いです。
年に1度、大掃除をしてもらいたい場合は1時間では終わりませんが、スムーズに進めていくことができれば短時間で終わります。
従業員が出社する前の時間帯に清掃業者に入ってもらいたい場合もあるでしょう。
業務をしている社員の近くで作業をすると集中できないこともあるため、出社するまでに終わらせて欲しいと望む会社が少なくありません。
業者によって異なりますが、希望する時間帯に行ってもらうことが可能です。
朝7時から8時までなど希望があれば伝えてみてはいかがでしょうか。

作業効率を上げるために必要なこと

清掃業者は素人よりも作業効率が良いため早く終わりますが、状況によっては作業効率を下げてしまうことがあります。
原因はお掃除する場所が従業員のモノで散らかっていることです。
床に社員の私物が置いてある、棚の上に資料が散らばっているなど、あちらこちらにモノが置いてあるとスタッフも作業がしにくく、気を遣ってお掃除をしていかなければなりません。
万が一、社員の私物が紛失したり、破損したりするようなことがあると、お互いに良い気持ちはしないでしょう。
お金を払っているからと言って、どのような環境であっても綺麗にして欲しいと頼むのではなく、マナーとして最低限の片付けはするようにしましょう。
スタッフが取り掛かりやすいように整理整頓している空間は、作業効率が上がって、時間の短縮にもつながります。
また、整理整頓が行き届いていると、汚れも綺麗に落とすことが可能です。
せっかくお金を払っているのに、モノが散らかっているのが原因で隅々まで綺麗にならなければ無駄なコストを支払っていることになります。
基本的に、清掃業者は汚れやホコリなどを綺麗にすることが業務であるため、社員の私物、オフィス内のモノを整理整頓することはありません。
担当者の業務がスムーズに進むように依頼する側も工夫してみてはいかがでしょうか。