Column
清掃業者が来る前にはしっかりと片付けを

清掃業者が来る前にはしっかりと片付けを

担当スタッフが入る前に社内でやるべきこと

オフィスやビルの掃除を清掃業者にお願いする場合、基本的には担当スタッフに丸投げしても問題ありません。
しかし、清掃業者が入る前にやっておくことがあります。
それは、片付けです。
従業員のモノがあちらこちらに散らばっている状態だと、業者もお掃除ができません。
清掃業者も整理整頓など片付けまでは業務範囲外であり、手をつけることはないでしょう。
散らかっているモノを避けながら作業していくことは可能ですが、取りかかれない部分が発生するため、綺麗にならない可能性もあります。
マナーとして担当スタッフが入る前は最低限片付けをしておくことが大切です。
床に置きっぱなしのモノがないか、貴重品が放置されていないかなどチェックしてみてはいかがでしょうか。
特に、貴重品の保管は重要です。
従業員同士に信頼があっても盗難、窃盗といった問題が起きないとは言い切れません。
社員の関係性が悪くなると会社全体の雰囲気にも影響を与えるため、貴重品の管理は徹底してください。

片付けると得られるメリット

オフィス内の整理整頓をすると、スタッフのお掃除がしやすくなるだけでなく、仕事の効率にも良い影響を与えます。
逆に汚れていると探し物が多くなり、大切な資料を無くしてしまったなどスムーズに業務がこなせなくなります。
そのため、定期的に整理整頓するようにしましょう。
汚れを取り除くのはプロのお仕事ですが、従業員一人一人が身の回りのことを整えることで、より綺麗な空間になります。
きちんと整っていれば来客者にも好印象を与えることが可能です。
汚いと取引をしたくないと思われてしまうかもしれません。
また、新卒採用、中途採用の面接で訪問してくる求職者にも好印象を与え、この会社で働きたいという気持ちが強くなるでしょう。
来客者が隅々まで汚れやホコリをチェックすることはありませんが、汚れがなくても散らかっている空間では働きたいと思わないものです。
このように、モノが整理整頓されていれば様々なメリットが得られます。
これから清掃業者に依頼しようと考えている会社は、片付けから始めてみてはいかがでしょうか。