Column
清掃業者のよくあるトラブル事例とは

清掃業者のよくあるトラブル事例とは

問題が発生することもある

オフィスやビルを綺麗にしてもらう際、清掃業者に依頼すると楽です。
従業員が自分の業務時間を削って掃除する必要がなく、本来行うべきことに集中してもらえるといったメリットがあります。
お金はかかりますが、いつまでも清潔感のあるオフィス、ビルを維持するために欠かせません。
しかし、注意しなければならないことがあります。
それは、トラブルです。
外部への依頼はトラブルがつきものです。
必ず問題が起きるというわけではありませんが、発生する可能性があるということを知っておきましょう。
ただお掃除をしてもらうだけなのに、どんな問題が起きるのか想像ができない人もいるのではないでしょうか。
事例の一つは、コミュニケーションがとりにくいことです。
清掃業者の中でも、スタッフを派遣するだけの会社があり、その派遣されてくるスタッフはアルバイトやパートであることが多い傾向にあります。
全てそうとは言えませんが、お給料のためだけに作業をしているスタッフはコミュニケーションをとらず、満足度の高いサービスを提供することができません。
無愛想、挨拶がないとオフィスやビルで働く従業員が不快な思いをする可能性があるため、どんな人が担当するのか、最低限のコミュニケーションを取れるかは確認してください。

コストパフォーマンスが大切

価格の安さをアピールしている会社にも注意が必要です。
安さを売りにしている清掃業者を選んだのに、思ったほど安くなかったという事例があります。
特に、時間単位の安さを売りにしているところは気をつけてください。
いくら時間単位が安くても、丁寧に作業をすると長時間になります。
また、担当者がだらだらと掃除をすると予想以上に時間がかかり、本当に長時間の作業が必要だったのかわからないというケースがあるのです。
出来るだけ安く済ませたいものですが、金銭トラブルは多く、料金とサービスの質が合っていないという事例もあるため、コストパフォーマンスの良さもチェックしてください。
他には、対応力がなく、要望に応えてくれないといったこともあります。
お金を払って契約しているため、担当者が対応しきれない作業が起きたときに、他のスタッフが対応できる体制が整っているかどうかも確認することが大切です。