Column
清掃業者による日常清掃と定期清掃の違いとは

清掃業者による日常清掃と定期清掃の違いとは

違いを知った上で依頼しよう

清掃業者を利用する際、日常清掃と定期清掃の違いを理解しておく必要があります。
2つの違いを理解していない人もいるでしょう。
違いがわからなければ、目的にあった清掃業者を選ぶことができません。
まず、日常清掃というのはオフィス内でよく利用する場所を綺麗にするサービスです。
従業員が気持ちよく業務ができるようになり、来客者にも綺麗で清潔感のあるオフィスだという印象を与えることができます。
コスト削減のために、オフィス内でよく使う場所は従業員でお掃除をするといったルールを設けている会社もありますが、プロではない限り隅々まで綺麗にすることは困難です。
また、お掃除する時間も従業員は業務に集中することができるため、効率的でしょう。

同じ会社にお願いするメリット

定期清掃は、一般的なお掃除では落とすことが難しい汚れを取り除くサービスです。
日常清掃では行えない場所、時間が経つと汚れてしまう場所を中心に作業をしていきます。
定期清掃はカーペットやガラス、エアコン、ブラインド、グリーストラップなど素人では対処できないところがメインになってくるため、清掃業者にお願いするのが基本です。
日常、定期どちらも依頼できるほどコストがない場合は、定期を優先して依頼しましょう。
また、どちらも依頼する場合は同じ会社に依頼するのが基本です。
様々な会社を比較して、日常清掃が安いところ、定期清掃が安いところを別々の会社に依頼して組み合わせているところもありますが、依頼先を統一するメリットは日頃から担当しているスタッフが汚れ具合を把握しているため、汚れやすい場所が分かり、すぐに気がつけるからです。
別々のところに依頼すると、現状を把握するところから始まり、汚れているところを探しながら作業することになります。
そのため、見逃してしまうこともあります。
汚れは早いうちに対応した方が落ちやすく、時間が経過するほどに困難になるのです。定期的に清掃することで、床を張り替えるなどのメンテナンス費用を削減することができます。
どちらもプロにお願いをしてみてはいかがでしょうか。