Column
清掃業者でのカーペット清掃の適切な頻度とは

清掃業者でのカーペット清掃の適切な頻度とは

クリーニングに入る頻度の目安

クリーニングに入る頻度の目安

デスク周りなどは簡単なお掃除で済むため、従業員でも対応できますが、清掃業者にお願いしなければ綺麗にできない部分も多いです。
例えば、カーペットです。
汚れがつきやすく、落としにくいカーペットは素人のクリーニングでは綺麗になりません。
定期的にカーペットのお掃除も清掃業者に依頼しましょう。
その際に、依頼する頻度に迷うこともあるのではないでしょうか。
場所によって適切な頻度が異なります。
従業員が普段業務をしているスペースは、毎日掃除機をかけているのであれば、1、2ヶ月に1度はスチーム洗浄が必要です。
デスク周りや書類がある場所は人の歩行も多くなり、靴の汚れや髪の毛、服の繊維、紙くずが自然と散らばっていて汚れが多くなります。
そのため、毎日掃除機をかけて簡単に取り除ける汚れ、ゴミは除去しておきましょう。
しかし、それだけでは取り除けない汚れもあるため、スチーム洗浄を行って清潔を保ちます。

人の目につきやすい場所はいつも綺麗にしておこう

どのような汚れも綺麗に仕上げてくれる

エントランス部分は2ヶ月に1度のスチーム洗浄が適切です。
外からの出入りも多い場所であり、雨の日など天候が悪い日は靴の汚れと埃が混じって泥水がカーペット内に染み込んでしまいます。
それを放置すると簡単に取り除けない汚れとなるため、こまめに掃除機をかけた上で2ヶ月に1度はスチーム洗浄が必要です。
応接室は毎月スチーム洗浄を行いましょう。
空間の利用頻度によって異なりますが、お客様も利用する場所であるため、汚いと企業のイメージも悪くなる恐れがあります。
清潔で綺麗な企業というイメージを与えるためにも、飲み物をこぼした際はすぐに拭き取り、シミが目立つ前にスチーム洗浄をお願いしてください。
このように、カーペットは基本的には毎日の掃除機がけに加えて隔月を目安にスチーム洗浄が必要です。
適切な依頼頻度がわからない場合は、清掃業者に相談しタイミングを提案してもらうのも一つの方法です。
常に綺麗な状態を維持するために、検討してみてはいかがでしょうか。