Column
清掃業者による夜間清掃と日中清掃の違いとは

清掃業者による夜間清掃と日中清掃の違いとは

時間帯による違いとは

時間帯による違いとは

オフィスやビルのお掃除を清掃業者にお願いするケースがありますが、プラン内容や料金、クリーニングに入る時間帯はそれぞれ異なります。
日中は社員の業務に影響を与えないように、夜間清掃を選ぶ企業も少なくありません。
しかし、日中に行うクリーニングと少し異なる点があるため、違いを知った上でどちらのタイミングにお願いするか考えてみてはいかがでしょうか。
違いの一つは料金です。
夜間清掃は料金が割増になる傾向にあります。
なぜなら、労働基準法により深夜帯の賃金が割増になるのと定められているからです。
深夜帯は22時から翌5時までの時間帯になります。
清掃業者の人件費が割増になるため、清掃料金も日中より高くなります。

メリットもあれば注意点もある

メリットもあれば注意点もある

日中では手がつけられない場所も、しっかり綺麗にクリーニングができるというメリットもあります。
デスクの下や椅子など従業員が業務をしているとクリーニングに入れない箇所が出てきますが、夜間清掃は誰もいない状態で掃除をすることができるため、隅々まで綺麗にすることが可能です。
しかし、デスク周りに重要な情報を出しっぱなしにしていると外部に流出する恐れがあるため、情報管理や機密情報の扱いには注意しなければなりません。
優良な清掃業者は情報を悪用することはありませんが、万が一のことを考えて社員を指導しておくことは大切です。
他にも、夜間清掃は昼間と比べて音や臭いに気をつけて作業しなければならないという特徴があります。
深夜帯は昼間の時間帯よりも静かなため、日中は気にならない音も夜はよく響いてしまいます。
そのため、できるだけ静かに作業を行うように気をつけていますが、中には配慮が行き届いていない清掃業者も存在するため、注意が必要です。
また、臭いがきつい洗剤も使わないようにしなければなりません。
配慮がないと清掃業者ではなく依頼した企業に近隣からクレームが入る可能性があります。
近隣とのお付き合いも重要であるため、関係性が悪くならないように近隣への配慮を徹底しているのか確認した上で選んでください。
このような違いがいくつかあります。
業者の特徴も理解した上で、クリーニングの時間帯を決めてみてはいかがでしょうか。