Build's|ビルズ

ビル・マンション・病院・ハウスクリーニングの清掃なら売上保証フランチャイズのビルズへ

ビルログ

2018年03月08日 (木)考え方

初投稿します。セールスマネジャーの河原木です。

SNSだと気軽に出来ますが、ブログになるとなかなか書けないものですね。

そう思うと毎週、または毎日更新されているブロガーの方は本当に凄いと思います。

イメージ画像

話は変わりますが、

気付けば株式会社アクア

そしてこの「Build’s」もといビルクリーニングFC事業部に入社して早2年経過しました。

 

2年前の2月に大雪が降った翌日に愛知県から東名高速で寒い中、

オートバイで単身で東京へ向かっていた命知らずの男が、

今では自分を含め4名のセールスチームのリーダーになるとは夢にも思っていませんでしたね。

2年というのは、長いようで気付けばあっという間に過ぎていくものだと改めて感じます。

その中で自身が考えが変わったと思った事をあげようと思います。

 

いきなりですが、皆さん清掃の目的ってご存知ですか・・・?

 

汚い場所を綺麗清潔にする事じゃないのー?とか

という意見がすごく上がってきそうですね。

もちろんそれでも間違いではないです。むしろ清掃において

分かりやすい清掃の目的だと思います。

(そういう私もこれ以外考えた事がありませんでした。)

 

ただ清掃の目的には4つあると言われています。

 

①美観の確保

※これは上であった綺麗にする部分に当たりますかね?

まあ一番分かりやすいイメージですよね。

 

②安全の確保

※前職で技術職をやっていたのでわかりますが、

清掃しないと危険物とか転がっている状態とかありますから

ある意味清掃する事は安全の確保につながっていますよね。

 

③衛生的環境の確保

※この仕事の営業を始めてわかったのですが、

近年インフルエンザやノロウイルスの流行等で衛生的環境の保全を意識するお客様が

非常に多い事を知りました。

 

④建築物の延命

※当たり前過ぎて意識しないと思いますけど、

例えば新宿駅とかで毎日誰かが清掃してくれなかったら

夜についたゴミや嘔吐物はそのままですし劣化も早そうですよね。

 

たかだかお掃除なんて誰でも出来る事ですけど、

誰でもがやる事じゃない物をお客様元にいって提案するってすごく面白いなと思いました。

 

また清掃ってやってみると奥深いんですよね~

日常清掃の現場もそうですし、原状回復の現場に行くとなおさら思います。

以下の2枚の写真は剥離テストの一例ですが・・・

 

上記の様に汚れいていた床面も、適正な原状回復清掃を行うと

このように見違える様に綺麗になる訳ですからね。

これは楽しいと思いますよ。

弊社のSVの責任者は

「清掃は化学と物理の応用だ!!」と豪語してます。笑

 

こうゆう実例を中学高校の化学や物理の時間に学びたかったなー

 

 

「好きなモノや事を仕事にする」

 

 

現代人の働き方にとって大事な要因だと思いますし、

これが合わずに毎日この日本のどこかで仕事を辞めていく方もいます。

ただ、私がお掃除の仕事を通して感じ思った事は、

 

 

「今やっている仕事を好きなモノにする」

 

 

こういう考え方も良いのではないかなと思った今日この頃でした。